オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

屋根塗装の【縁切り】とは?



いつもご覧いただき、ありがとうございます(^O^)/

本日は、屋根塗装の際の【縁切り】という工程についてお話しようと思います。
一般の方には、なかなか馴染みのない【縁切り】という言葉ですが
屋根塗装工事においてとても重要な作業なんですよ!


姫路市のカラーベストの屋根
まず、縁切りとはカラーベストやコロニアル屋根の塗り替え時に必要な作業です。
1枚1枚重なって、ひとつの屋根が出来ていますよね?本来なら、その重なり合った部分には、隙間が出来ていて雨水の排出先となっています。
ですが、塗装すると重なり合った部分に塗料が入り込み、そのまま乾燥すると
隙間が塗料で埋まってしまいます。すると、雨水の排出先が無くなり内部へ留まってしまいます(>_<)
【縁切り】とは、その隙間に入り込んだ塗料を取り除き、雨水の排出先を確保する作業なんです。

縁切り
従来では、塗料が乾燥し固まった後に、カッターナイフや皮スキという道具で隙間の処理をしていきます。

タスペーサー
最近では、タスペーサーという部材を使って縁切りを行う事も増えてきました。タスペーサーの場合は、乾燥した後ではなく、一般的には下塗りが終わった段階で仕込んでおきます。
屋根の勾配などで、タスペーサーが使えない時もあるので、その場合は先述した道具での作業になります。

カラーベスト縁切り
こちらの写真は、縁切りがきちんと行われていないものです。
この状態では、雨水の排出先がなく内部で留まってしまいます。実際に調査をした際、屋根上を歩くとフワフワと沈む感覚があり、下地が傷んでいる状態でした(>_<)




【縁切り】とは、屋根の耐久性に関わるとても重要な作業であることがお分かり頂けたでしょうか?
ですが、全ての屋根に縁切りを行うのではなく、もともと適正な隙間が確保できていれば
この作業は必要ありません。
これから塗装工事をお考えの方は、この【縁切り】についても確認してみてくださいね(^O^)/




この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

姫路市の外壁塗装工事前の外壁の写真

前回は、既存の金属屋根部分の塗装作業の様子をご紹介したので、続いて外壁部分の日本ペイントのモルタル外壁用の下塗り材パーフェクトフィラーを使用しての下塗り作業の様子をご紹介していきます。

姫路市の外壁塗装工事の鉄部ローラー塗装

下塗りとして、サビ止めを塗布して乾燥させた鉄部に上塗り塗装をしていきます。大屋根のカバー工法で使用するスーパーガルテクトにあわせて屋根の塗料はグレーを選ばれました。

三木市の外壁塗装の高圧洗浄作業の職人さん

前回は、三木市での虫と格闘しながらの外壁塗装の足場施工の様子をお伝えしました。今回は、高圧洗浄、シーリング工事、鉄部の塗装の様子をご紹介します。

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505