オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

屋根や外壁のオマケではありません、雨どいの破損には要注意!


いつもご覧いただきありがとうございます(*^-^*)
屋根や外壁は面積も広いですし、お客様自身で素材や色を決めたりと、何かと意識されやすいですが、雨どいはどうでしょうか?ご自宅の雨どいの形状、色、パッと頭に浮かびますか?

一般的な雨どい
おそらく皆様、毎日の様に目にしているはずの雨どいですが、屋根や外壁とは違いあまり意識されてはいませんよね。
ですが、雨どいは屋根に付いているオマケや飾りではなく、ある役割を果たすために取り付けられているんですよ('◇')ゞ

雨どいの役割とは・・・?
空から屋根面に降った雨水をまとめて、適切なところまで排水させる為に取り付けられています。

もしなければ・・・?
な軒先から直接地面に雨が落ちるだけです。
だけなのですが、それが住宅にとっては問題になるんです(@_@)

地面に叩きつけられた雨水はそこで水たまりを作り、泥混じりの雨水が跳ね返ることで基礎や外壁を汚します。
汚すだけならまだしも、跳ね返った水が下方向から基礎に当たることで、土台という構造部材にまで被害が及ぶ可能性があるのです。

木部が水に濡れると腐り始め、シロアリの心配も出てきます。

分かりましたか?地味に見える雨どい、とっても大切なんですよ('ω')ノ



コーナー部分が破損した雨どい
さて、雨どいの役割は分かっていただけましたね?次は、雨どいが破損していたらどうなるのか?をお話ししますね。本来、雨どいは目的地に向かって水を流していきますが、どこかが破損しているとそこから水は流れ出てしまいますね。屋根面に降った水が一か所から流れるとなると、その勢いは想像がつきますよね((+_+))
車が当たって破損した雨どい
一部に圧がかかり始めると、その部分が集中的にダメージを受けてしまいます。上の写真は車が当たってしまった樋の写真ですが、集水器が破損していますね。このまま放っておくとこの真下の部分には水たまりができるでしょう。ここに圧がかかることで、樋自体の勾配も変わってしまいます。樋を固定する金物も変形するかもしれません。
雨どい交換
雨どいの破損や劣化は、場合によっては住まいにとっての一大事になってしまいます。
時々意識して見上げてみて下さい、金物が変形していたり、勾配がおかしかったり、ジョイント部分が外れていたり、樋そのものが破損していたりしていませんか?

思わぬ結果を招く前に、街の屋根やさんの無料点検をご活用くださいね!

今回はここまで!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

加古川市で雨漏り被害のスレート屋根部分葺き替えと瓦棒葺き替え

加古川市で雨漏りしたスレート屋根と瓦棒
加古川市で雨漏りの為にスレート屋根の部分府j着替え
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム・コロニアルクアッド
築年数
30年
建坪
約28坪
保証
工事費用
約40万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

姫路市の外壁塗装工事前の外壁の写真

前回は、既存の金属屋根部分の塗装作業の様子をご紹介したので、続いて外壁部分の日本ペイントのモルタル外壁用の下塗り材パーフェクトフィラーを使用しての下塗り作業の様子をご紹介していきます。

姫路市の外壁塗装工事の鉄部ローラー塗装

下塗りとして、サビ止めを塗布して乾燥させた鉄部に上塗り塗装をしていきます。大屋根のカバー工法で使用するスーパーガルテクトにあわせて屋根の塗料はグレーを選ばれました。

たつの市での雨樋の交換後の写真

たつの市で進めてきました、スーパーガルテクトへの葺き替え工事もいよいよ完工です。今回は、すっかりきれいに生まれ変わったお家の様子をご紹介していきます。

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505