オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

雨どいが少し壊れてる!けど、まぁいっか!ではダメなんですよ


いつもご覧いただきありがとうございます(*^-^*)
今回は、皆様もご存知の雨どいのお話をします。

雨どい・・・?知ってるけど?と思った方もいらっしゃるでしょうが、その本来の役割を
しっかりと理解して、少しの破損も見逃さないでいただきたい!という思いで書かせていただきます。


まず雨どいの役割をお話ししますね('ω')ノ
雨どいの役割は、屋根面や住宅の各部位に降ってきた雨を効率よく地面まで排水させる事です。
屋根以外の場所だとベランダに吹き込んだ雨なんかも、きちんと排水させないといけませんからね!


軒先の雨どい
どんなお宅にも、軒先に樋があるのでしょうか?その答えは〇な様な△なような・・・。
というのは、デザイン上の理由で外側に樋を取り付けるのではなく、みえない内側に樋を仕込んでおく内樋というのもあるので、もしかしたらウチには軒先に樋なんてない!という方もいらっしゃるでしょうからね。
端部集水器
しかし、内だろうが外だろうが雨どいの役割に変わりはありません。写真は2Fの大屋根に降った雨を排水させる雨どい、左端に写っている集水器から水の流れを横方向から縦に切り替えます。
ベランダ排水の集水器
この写真は、ベランダに吹き込んだ雨をベランダの外に出し、更に屋根からの雨と合流させて地面へ排水させている樋です。ベランダから外側に排水させるには、ベランダの手すり壁を貫通させる必要があるのは分かりますよね?その様な時にその貫通部に防水上の不備があれば、水が直接壁の内部に入ってしまいます。
樹脂製雨どいコーナー部の破損
他にも、この様に部分的に破損している場合、雨水は本来流れるべきところを流れずに、隙間から流れ落ちる事になります。樋と外壁間の距離にもよりますが、外壁が汚れたり、雨が落ちる場所の地面が凹んだり、更に雨が降るたびに住宅の基礎部分に雨水が撥ねかえる事で、基礎上の土台という木部材の腐食を引き起こす可能性もあります。
というように雨どいは、木造住宅の天敵である水を排水させるというとても重要な役割を担っています。
その雨どいが劣化・破損していると、先ほども書いた通り住宅内部への水の浸入、基礎木部の腐食という様な大きなダメージを受ける可能性があります。
劣化や破損、もしくは一部が外れているなんて状態を発見した時には、まぁいっか!ではなく、すぐに街の屋根やさんにお問い合わせください!
すぐに無料点検に伺いますよ!→ここまでやります無料点検!
今回はここまで!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

加古川市で雨漏り被害のスレート屋根部分葺き替えと瓦棒葺き替え

加古川市で雨漏りしたスレート屋根と瓦棒
加古川市で雨漏りの為にスレート屋根の部分府j着替え
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム・コロニアルクアッド
築年数
30年
建坪
約28坪
保証
工事費用
約40万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

姫路市の外壁塗装工事前の外壁の写真

前回は、既存の金属屋根部分の塗装作業の様子をご紹介したので、続いて外壁部分の日本ペイントのモルタル外壁用の下塗り材パーフェクトフィラーを使用しての下塗り作業の様子をご紹介していきます。

姫路市の外壁塗装工事の鉄部ローラー塗装

下塗りとして、サビ止めを塗布して乾燥させた鉄部に上塗り塗装をしていきます。大屋根のカバー工法で使用するスーパーガルテクトにあわせて屋根の塗料はグレーを選ばれました。

たつの市での雨樋の交換後の写真

たつの市で進めてきました、スーパーガルテクトへの葺き替え工事もいよいよ完工です。今回は、すっかりきれいに生まれ変わったお家の様子をご紹介していきます。

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505