オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

住みよい住宅にする為に、カバー工法の知識を集めてみませんか?


皆さん、今回も見ていただきありがとうございます(^o^)
早速ですが、住宅を良くする為の方法には沢山の種類があります。
例えば、屋根で言うと屋根塗装や屋根の葺き替え、カバー工法等が挙げられます。
今回は、この中からカバー工法に焦点を当てて流れや利点等を一緒に見ていきたいと思います(^o^)
では早速見ていきましょう!
カバー工法とは、屋根工事の1つで既存の屋根の上に新しい屋根を被せる方法の事で、瓦屋根以外の屋根材に雨漏り対策や美観目的で施工されます。
利点としては、屋根が二重になる事で防水性や遮熱性・防音性が向上される点や、葺き替えと比べてコストが低い点があります。
カバー工法 不要な棟板金
続いて、カバー工法の工程についてですが、最初に下地との密着をしっかりさせる為に、苔やカビが酷い箇所を高圧洗浄で取り除いていったあと、不要な棟板金を外していきます。
廃棄物が出るのは、この工程だけなので環境にも優しいですよ(^o^)
新規の防水紙
下地の状態が良ければ、既存の屋根の上に防水紙を貼るのですが、下地の状態が悪いと野地板を増し張りしてから貼っていく事もあります。
新しい防水紙を貼る理由についてですが、元々屋根材には湿気や雨水の逃げ道として隙間が必ずある為、そのまま屋根材だけ載せても、必ず隙間から雨水が入ります。
ですので少しでも、雨水からの負担を軽減させる為に防水紙を貼る必要があるのです。
カバー工法 新しい屋根材
防水紙を貼り終えたら、新しい屋根材を設置していきます。
因みにカバー工法は、屋根が2重になる分重くなる為、少しでも屋根の荷重を増やさないように軽量な屋根材を選ぶ必要があります。
カバー工法 施工完了した屋根
屋根材を設置したら、貫板や棟板金を設置して施工完了となります。
貫板とは、板金と仕上げ材と垂木を一緒に釘で固定する為の板の事を言います。
さらに、板金同士の合わせ目等の隙間をシーリング材で埋めておく事で隙間からの侵入も予防します。
このようにカバー工法には、屋根が2重になる分、耐水性能が向上する等といった様々な利点があり工程も簡単です。
ですが、瓦屋根や劣化があまりにも酷い場合は施工できないので注意してください。
もし、施工出来るか気になる方は、お問い合わせ頂ければ現地で点検させていただきます(^o^)
点検については無料点検をご覧ください(^^)/

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宍粟市でスレートからスーパーガルテクトへカバー工法で工事完了!

宍粟市のガルテクトカバー工法の施工前
宍粟市のガルテクトカバー工法の完工写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業のスーパーガルテクト
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
施工保証7年
工事費用
約200万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

姫路市の外壁塗装工事前の外壁の写真

前回は、既存の金属屋根部分の塗装作業の様子をご紹介したので、続いて外壁部分の日本ペイントのモルタル外壁用の下塗り材パーフェクトフィラーを使用しての下塗り作業の様子をご紹介していきます。

姫路市の外壁塗装工事の鉄部ローラー塗装

下塗りとして、サビ止めを塗布して乾燥させた鉄部に上塗り塗装をしていきます。大屋根のカバー工法で使用するスーパーガルテクトにあわせて屋根の塗料はグレーを選ばれました。

姫路市の外壁塗装の高圧洗浄

前回は、姫路市の塗装工事で仮設足場の設置の作業をご紹介しました。引き続いて、高圧洗浄作業と既存の金属屋根部分の下塗りのサビ止めの塗布作業の様子をご紹介します。

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505