オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

庇や雨樋には、どんな劣化と対策があるのか確認しておきませんか?


皆さん、今回も見ていただきありがとうございます(^o^)
さて、住宅には庇や雨樋が付いていますが、両方ともあまり視界に入らない箇所にあるので、目に付きやすい屋根や外壁と比べると劣化の点検をされる方は少ないのではないのでしょうか?
しかし実は、あまり目立たない庇や雨樋も、経年劣化して雨漏りの原因になる事があるんです(-_-;)
そこで今回は、この2つの劣化と対策についてまとめてみました!
表面が劣化している庇
まずは、庇から見ていきたいと思います。
窓や玄関の上に付いている庇は、外壁との継ぎ目部分にあるシーリング材の亀裂・穴や、表面の錆と色褪せ等に注意が必要です。
さらに、一昔前まで主流だったトタンや木製の庇が付いている場合は、表面の錆や腐食によって生じた隙間から、雨水が外壁内部に侵入しやすい為、そういった点にも要注意です。
ガルバリウム鋼板にカバー工法中の庇
取れる対策としては、再塗装や交換をする事で、庇の耐久性や耐水性を向上させられます。
屋根と同じくカバー工法を施工する事も可能です。
現在はガルバリウム鋼板という軽量で耐久性に優れた素材があるので、そういったものに変えると庇が紫外線や雨水から受ける負担を抑えられます。
経年劣化によって割れた雨樋
雨樋に関しては、紫外線や雨水・強風による影響で亀裂・変色・割れ等といった経年劣化を起こして、雨水をスムーズに排水しにくくなり、軒部分や外壁にも負担がかかるので、要注意な箇所でもあります。
素材が塩ビの場合、樹脂素材なので耐久性の高い金属製よりも、紫外線や雨水・強風による経年劣化の症状が発生しやすいです。
雨樋 交換作業中
こちらも、対策には塗装と交換があります。
雨樋の場合、本体の一部分にだけ割れや破損が起きたり、劣化は無く歪んでいるだけであれば部分的に交換出来ます。
さらに、環境によっては落ち葉が雨樋に溜まる、専用のネットを使って落ち葉が入らないようにすれば、雨水をスムーズに排水でき、雨漏りのリスクを減らせます(^o^)
このように、庇や雨樋にも劣化の症状が多くあります。
屋根や外壁と比べたら小さいかもしれませんが、これを放っておくと雨漏りの原因になります。

点検や相談のお問い合わせを頂ければ、専門スタッフが現地に向かい点検させて頂きます。
無料点検についてはこちらをご覧ください(^o^)→ここまでやります無料点検

同じ工事を行った施工事例

施工事例

加古川市で雨漏り被害のスレート屋根部分葺き替えと瓦棒葺き替え

加古川市で雨漏りしたスレート屋根と瓦棒
加古川市で雨漏りの為にスレート屋根の部分府j着替え
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム・コロニアルクアッド
築年数
30年
建坪
約28坪
保証
工事費用
約40万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

姫路市の外壁塗装工事前の外壁の写真

前回は、既存の金属屋根部分の塗装作業の様子をご紹介したので、続いて外壁部分の日本ペイントのモルタル外壁用の下塗り材パーフェクトフィラーを使用しての下塗り作業の様子をご紹介していきます。

姫路市の外壁塗装工事の鉄部ローラー塗装

下塗りとして、サビ止めを塗布して乾燥させた鉄部に上塗り塗装をしていきます。大屋根のカバー工法で使用するスーパーガルテクトにあわせて屋根の塗料はグレーを選ばれました。

たつの市での雨樋の交換後の写真

たつの市で進めてきました、スーパーガルテクトへの葺き替え工事もいよいよ完工です。今回は、すっかりきれいに生まれ変わったお家の様子をご紹介していきます。

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505