オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

庇や笠木部分にも気を付けて、雨漏りのリスクを減らしましょう!


皆さん、今回も見ていただきありがとうございます!(*'▽')
さて、早速ですが雨漏りといえば屋根と外壁の2つが良く聞く原因箇所だと思います。
確かにこの2ヶ所は、常に紫外線や雨風からダメージを受けるので雨漏りしやすいのは事実です。
しかし、実は雨漏りの原因になり得る箇所はこの2ヶ所だけではなく、庇や笠木なども要注意なんですよ!
そこで今回は、庇と笠木についてまとめたので一緒に見ていきましょう!
後付け庇
まず、庇の簡単な説明からですが窓や玄関の上についている小さな屋根の事をいいます。
主に、雨水・紫外線から外壁や窓を守って汚れや劣化するのを防ぐという役割があり、金属製や木製等様々な種類もあって、後付けも出来ます。
庇 雨漏り
しかし、庇も点検を怠れば写真のように劣化して、雨漏りに繋がり、躯体部が雨水によって腐食します。
特に外壁への取り付け部には、シーリング材が使用されている部分もあり、ここが劣化すると雨水が内部に入りやすくなるので注意が必要です。
ベランダの笠木部分
そして、もう1つの笠木は塀や手すり等の頭部分に付いている仕上げ材の事です。
主に、紫外線や雨水から躯体を守って腐食を抑える役割を持っています。
最近の新築は、釘で下地の木材と薄い板金を固定した後に防水性の高い金属製のカバーをするのが主流ですが、一昔前の住宅のベランダやビルの陸屋根では、笠木板金を直接 木下地に釘などで固定していました。
錆びて浮いてしまっている笠木
上の画像のように、板金が紫外線や雨風の影響で錆びたり浮いたりすると、雨水が下地の木材に侵入して雨漏りしている可能性があります。こうなる前に固定用の釘が浮いていないかや、釘穴付近と板金同士の間にあるシーリング材が劣化していないか定期的に点検しておきましょう。
ベランダ・バルコニーであればセルフチェック出来ますが、屋根は危険なので依頼していただければ、専門スタッフが点検に伺います。
雨漏りの原因になる箇所は、上でお話しした部分以外にも沢山あります。
ですので、これを機に屋根と外壁だけではなく、今まで気にしてこなかった庇や笠木等にも注目してみてください!

今回はここまで!
気になる方は無料点検も随時受け付けているので、ここまでやります無料点検も参考にしてみてください(*'▽')

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

姫路市の外壁塗装工事前の外壁の写真

前回は、既存の金属屋根部分の塗装作業の様子をご紹介したので、続いて外壁部分の日本ペイントのモルタル外壁用の下塗り材パーフェクトフィラーを使用しての下塗り作業の様子をご紹介していきます。

姫路市の外壁塗装工事の鉄部ローラー塗装

下塗りとして、サビ止めを塗布して乾燥させた鉄部に上塗り塗装をしていきます。大屋根のカバー工法で使用するスーパーガルテクトにあわせて屋根の塗料はグレーを選ばれました。

三木市の外壁塗装の高圧洗浄作業の職人さん

前回は、三木市での虫と格闘しながらの外壁塗装の足場施工の様子をお伝えしました。今回は、高圧洗浄、シーリング工事、鉄部の塗装の様子をご紹介します。

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505