オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

付帯部の種類ごとに見た役割、劣化のメンテナンス方法について


皆さん、今回も見ていただきありがとうございます(^o^)
さて、皆さんは付帯部の事をご存知でしょうか?
付帯部とは屋根と外壁以外の部分にある建材の事を指しており、雨樋や庇等数多くの種類があります。
その中でも今回は雨樋や庇、破風、軒天の4つをまとめてみました!
では早速見ていきましょう(^^)/
佐用町現地調査雨樋
雨樋は、雨水を上手に排水させる事で外壁の劣化を防ぐという役割を持ち、住宅にとって重要なものとされています。
因みに落ち葉がよく溜まりやすく雨水が詰まって雨漏りする原因になりかねないので、落ち葉除けネットを取り付けて対策してください。
加古川市で台風被害を受けた破風
屋根の妻側の端部分にある破風は、雨風を防ぐ・防火の役割が挙げられます。
その一方で、紫外線や雨風によって塗装や板金が剝がれる、木材が腐食する等の劣化をする為、耐久性のある素材に変えてみたり定期的に点検を専門業者に依頼しましょう。

軒天傷み1
軒天とは、軒下から見上げた時にある真上の天井部分を指します。
主な役割として、雨風が直接外壁に当たらないように保護する点が挙げられます。
しかし、その分蓄積されたダメージが原因でシミや色褪せ、剥がれ等の劣化をしてしまいます。
メンテナンスとしては、劣化防止の為に塗装をしたり通気性のあるボードを取り付けてみると良いかもしれません。
庇 雨漏り
4つ目の庇ですが、こちらは窓や玄関の上についている小さな屋根のような物を指しています。
庇にも外壁の劣化を防ぐ役割を持っており、紫外線や雨水から外壁を守ってくれています。
因みに、後付けタイプもある為、新築が完成しても問題なく取り付ける事が可能です。
ただ、一般の方が取り付けるにはハードルが高いので、必ず専門業者に依頼しましょう。
メンテナンスとして取り付け部分に隙間や穴、シーリング材の劣化がないかチェックしたり耐水性等の性能を持つタイプを取り付けるのが良いと思います。
今回はここまで!
是非今後の参考にしてみてください(^^)/
無料点検も随時受け付けています!
最後まで見ていただきありがとうございました。
無料点検はこちらから

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

4346300e67053e2c88616b452229509d-2

皆さん、今回もご覧いただきありがとうございます(*'▽')さて、私達が暮らしている住宅の屋根には、シンプルな形状から複雑な形状まで数多くの種類があります。1つ1つ、強みや欠点が異なりますが、雨漏りの原因になる場合があるという共通点があります...........

屋根

いつもご覧いただき、ありがとうございます(^O^)/屋根には寄棟・切妻・片流れなどといった様々な形状がありますが、その屋根の形に合わせて板金といわれる金属部材が各所に取り付けられています。大棟・隅棟といった棟部分へ取り付ける棟板金、破風へ取...........

破風板 めくれと釘の浮き

皆さん、今回も見ていただきありがとうございます(^o^)早速ですが、屋根の中でも代表的な切妻屋根と片流れ屋根には、破風と呼ばれる部分があります。破風は、風を切って屋根への影響を和らげるという役割がありますが、紫外線や雨水・熱によって経年劣化...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505