オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

カバー工法に適している屋根と適していない屋根の特徴について。


皆さん、今回も見ていただきありがとうございます(^o^)
早速ですが今回は、カバー工法に適している屋根とそうでない屋根の違いについてまとめてみました。
カバー工法とは、屋根リフォームの1つで既存の屋根の上から、防水下地と新規の屋根を被せる方法で、主に比較的軽量なガルバリウム鋼板等の金属系屋根材を新規の屋根として採用しています。
カバー工法の特徴として、屋根を廃棄しない分コストを抑えられるという利点や、遮熱性・防音性等が上がるという利点等があります。
しかし、アスベストの廃棄処理代が年々高騰しているので、解体等をしないといけなくなった場合コストが高くなってしまうという欠点と、屋根が二重になり重心が上に行く為、耐震性が下がる場合があるという欠点もあります。
その他、下地が傷みすぎていたり水分を含んでいると、固定できなくなりカバー工法が出来ない場合があります。
カバー工法
カバー工法のルーフィング
では次に適している屋根と、そうでない屋根について見ていきましょう!
まず結論から言うと、瓦以外のスレート、金属屋根がカバー工法に適しています。
特に、7年以上前の古いスレートにはアスベストが含まれている為、葺き替えの際に特殊な廃棄処理が必要になります。
そうなるとカバー工法とではコスト面で大きな差が出てしまいます。
では一方で、何故瓦は適していないのか?
その理由は瓦の厚みと形状が関係しています。
瓦のように厚みと凹凸のある屋根材の上に新規の屋根を被せようとすると、それらのせいで既存の屋根にしっかりと固定されないからです。
その為、瓦に関してはカバー工法は適していません。
エコグラーニのカバー工法
ガルテクトの屋根カバー工法
今回は、ここまで!
ぜひ今後の参考にしてみて下さい(^o^)
無料点検等のお問い合わせも随時受け付けています。
今回も最後まで見ていただきありがとうございました。
無料点検はこちらから

同じ工事を行った施工事例

施工事例

宍粟市でスレートからスーパーガルテクトへカバー工法で工事完了!

宍粟市のガルテクトカバー工法の施工前
宍粟市のガルテクトカバー工法の完工写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業のスーパーガルテクト
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
施工保証7年
工事費用
約200万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

姫路市の外壁塗装工事前の外壁の写真

前回は、既存の金属屋根部分の塗装作業の様子をご紹介したので、続いて外壁部分の日本ペイントのモルタル外壁用の下塗り材パーフェクトフィラーを使用しての下塗り作業の様子をご紹介していきます。

姫路市の外壁塗装工事の鉄部ローラー塗装

下塗りとして、サビ止めを塗布して乾燥させた鉄部に上塗り塗装をしていきます。大屋根のカバー工法で使用するスーパーガルテクトにあわせて屋根の塗料はグレーを選ばれました。

姫路市の外壁塗装の高圧洗浄

前回は、姫路市の塗装工事で仮設足場の設置の作業をご紹介しました。引き続いて、高圧洗浄作業と既存の金属屋根部分の下塗りのサビ止めの塗布作業の様子をご紹介します。

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505