オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

瓦屋根の住宅は漆喰を点検して、雨漏りの対策をしましょう!!


皆さん、今回もご覧いただきありがとうございます!
さて、早速ですが瓦屋根には漆喰という白い塗り材が使用されているのは、ご存知の方も多いと思います。
漆喰は古くから建物に使用されており、世界遺産である姫路城の外壁に塗られているのも漆喰です。
そんな漆喰ですが、紫外線や雨水による影響で経年劣化を起こし、住宅に悪影響を与える原因にもなる要注意な部分とされています。
そこで今回は、漆喰に起きる劣化の症状と補修についてお話しします。
漆喰
一般住宅の瓦屋根で漆喰が使用される際には、主に棟部分や瓦同士の重なる部分の隙間を埋める目的があります。
そのおかげで、雨水の侵入を防いだり瓦のずれを抑えることが出来ます。
しかし、紫外線や雨水の影響で経年劣化してくるので、定期的に点検もしくは補修をすることが大切です。
経年劣化が見られる漆喰
具体的な劣化の症状ですが、基本的には変色・ひび割れ・剝がれなどがあります。
変色は、初期段階の劣化で紫外線が原因の場合と雨水による影響で繁殖した苔が原因の場合があります。
この段階であれば、補修が不要の場合がありますが見た目が気になるのであれば、補修しておくと良いかもしれません。
経年劣化で脱落した漆喰
次に、ひび割れが無いか確認してください。
ひび割れも変色と同じで初期段階の劣化として扱われることが多いのですが、放置するとひびが広がっていき密着性が失われていく為、浮きや剥がれに繋がります。
そうなると、徐々に棟瓦が歪んだり崩れてくるので要注意です。
漆喰 撤去作業中
それぞれの劣化で効果的な修繕方法が、漆喰の詰め直しとなります。
漆喰の詰め直しというのは、劣化した漆喰を丁寧に撤去した後で新しい漆喰を詰め直していく方法です。
瓦が既に崩れている場合は、棟瓦を敷き直す必要があり大掛かりな修繕になる為、早めに修繕するようにしましょう。
以上が、漆喰の劣化と修繕方法になります。
漆喰は隙間にある為、非常に確認しにくい箇所の1つで自分で点検するのは困難です。
街の屋根やさん姫路店に依頼して頂ければ、無料で隅々までしっかりと専門スタッフが点検いたします!
お問い合わせはこちらから行ってください(^o^)→ここまでやります無料点検

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

4346300e67053e2c88616b452229509d-2

皆さん、今回もご覧いただきありがとうございます(*'▽')さて、私達が暮らしている住宅の屋根には、シンプルな形状から複雑な形状まで数多くの種類があります。1つ1つ、強みや欠点が異なりますが、雨漏りの原因になる場合があるという共通点があります...........

なんばん漆喰

皆さん、今回も見ていただきありがとうございます(^o^)さて、早速ですが瓦屋根に使用されている部材の1つとして漆喰が挙げられます。実は漆喰にも幾つかの種類があり、今回はその中の1つである南蛮漆喰の事について一緒に見ていきましょう!

漆喰

皆さん、今回も見ていただきありがとうございます(^o^)さて、瓦屋根には漆喰と呼ばれる仕上げ材が使用されますが、どんな役割があるのかご存知ですか?主な役割として、瓦の固定・防水・美観があり、漆喰を葺き土の上や瓦同士の隙間に詰める事で、瓦のず...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505