オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

屋根リフォーム、色んな種類があるみたい!我が家なら何が最適?


いつもご覧いただきありがとうございます(*^-^*)
今回は屋根のリフォーム工事の種類のお話をします。

皆様が屋根にリフォームの必要性を感じるのはいったいどんな時でしょうか?
住宅メーカーからメンテナンスのお知らせが届いた時?自分で劣化に気付いた時?それとも、雨漏りしはじめた時?
中には、同じころに建ったご近所の家がリフォームで綺麗になったのを見た時、という方もいらっしゃるかもしれませんね(*^。^*)

まず、一番覚えておいていただきたいのは、劣化して雨漏りしてしまわない為にメンテナンスをするという事!なので、雨漏りしてからとか、劣化に気付いてからでは、タイミングとしては遅いのです。
ですが、やはり大きなお金がかかる事なので、どうしても後回しにしてしまいがちです。
さぁ、どんなリフォーム工事があるのでしょうか!
スレート屋根の塗装工事
屋根全体のリフォームの中でなら比較的軽微なのが塗装工事です。既存の屋根に高圧洗浄をかけて綺麗にした後に、塗装をします。屋根材の表面を定期的に塗装しておくことで、その性能を長くキープすることができます。家の健康寿命を延ばし、大きな修繕が必要になるリスクを減らせますよ!中には瓦など、塗装に不向きな屋根材もありますし、塗装を希望されても劣化の具合によっては塗装では対応しきれない場合もあります。
カバー工法による屋根リフォーム
塗装工事だとどんな工事かすぐに分かりますが、カバー工法だとどうでしょうか?これは既存の屋根を残したままその上に新しい屋根を重ねて葺くので重ね葺きとも呼ばれます。古い屋根材の撤去・処分の必要がないというのが一番の利点ですが、これも既存屋根の劣化具合によっては下地補強の必要があったり、場合によってはカバー工法ができないということもあります。既存の屋根が瓦葺きだった場合もこの工法は不向きです。
瓦屋根葺き替え工事
最後の葺き替えですが、これは既存の屋根を撤去してから新しい屋根を葺く工事です。撤去・処分の手間はかかりますが、下地・防水シートを含む全てを新しくするので、大きな安心を手に入れる事が出来ますね('ω')ノ
葺いたばかりの瓦屋根
この様に屋根面全体をリフォームする場合、大きく分けて3種類の工法があります。
既存屋根の劣化状態、ご希望、予算などの要素を総合的に考えてどの工法で工事を行うのか決めていかなければいけません。
もうそろそろメンテナンスの時期かなぁ…という方は是非一度、街の屋根やさんの無料点検を受けてみて下さい!
最適なご提案をさせて頂きますよ!

今回はここまで!


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

塗装不要とうたわれた屋根材

いつもご覧いただきありがとうございます(*^-^*)皆様の中には、家を建てた時に「この屋根材は塗装不要なんですよ!」と言われた方、いらっしゃいませんか?実際に20~30年前にはその様なうたい文句で販売されていた屋根材がいくつかあるんです。調...........

強風被害を受けた瓦屋根

いつもご覧いただき、ありがとうございます(^O^)/春といえば、ポカポカと暖かくて穏やかな気候だと思われていますが実は強風や突風が起こりやすい季節なのです。住宅に被害が出る前に、前もってしっかりと点検・対策を行い備えをしておくことが大切です...........

台風被害 棟板金破損

いつもご覧いただき、ありがとうございます(^O^)/3月に入り、いよいよ春が近づいてきましたね!この3月から5月頃、【春一番】という言葉があるように春先にかけて突発的な強風が吹くことがあります。

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505