オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

防水工事の種類とメリット・デメリット


明石市の防水工事の下地補修
明石市の防水下地の左官処理
まず、防水工事には主にウレタン防水、シート防水、FRP防水、アスファルト防水の4種類があります。
最初にウレタン防水とは、防水工事の中でも比較的簡単なものの1つで
工事の期間も短い事から費用を抑えやすいメリットがあります。
デメリットとして、施行が終了してからの塗膜が均一でない場合があるというのがあります。
なので、耐久力を高める為に定期的なメンテナンスが必要になってきますが、
費用についてはそれ程高くないので、低コストで押さえたい方にオススメとなっています。
さらにその他にも、直接床に張っていく密着工法とウレタンと床の間に通気マットを挟む絶縁工法の
2種類があるのでそちらも参考にしてみると良いかもしれません。
続いて、シート防水ですがこちらもウレタン防水同様、工事の期間が短いので費用を抑える事が可能です。
しかし、シート自体の厚みが薄い為損傷しやすいといったデメリットがあります。
その代わり、こちらも費用が抑えられるゴムシート防水と施工性・耐熱性の高い塩ビシート防水の
2種類がありどちらも、施工性が比較的高いので工期を短くかつ効率を求めたい方にオススメです。
バルコニー防水4
バルコニー防水2
次に、FRP防水について触れていきます。
FRP防水とは、ガラス繊維で補強していく工事の事を指します。
こちらは使用されているのがプラスチックなので、軽量かつ耐久性や対候性が高く
木材等のように腐食しにくいというメリットがあります。
しかし、その分伸縮性が低いのでひび割れ等の劣化を起こしやすいという
デメリットもあります。
アスファルト防水についてですが、屋根等の下地にも使われているルーフィングというシートで
屋上等に防水層を作った上に、コンクリートで抑えて防水性を高める工事の事を指します。
アスファルトを使用するので、耐久力も高く年数も他と比べて高いのがメリットですが
その分、費用が多く掛かってしまう事がデメリットとしてあります。

いかがだったでしょうか。ぜひ参考にしてみて下さい。
今回も見ていただきありがとうございました。
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505