オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

防水工事と雨漏りの応急処置


明石市の塩ビ防水シート敷き込み
明石市の塩ビ防水シートの溶剤溶着
今回も見ていただきありがとうございます(^o^)
皆さんは、防水工事をする時にどのようなイメージをお持ちですか?
雨漏りしている場所だけ直せば大丈夫だと思っていらっしゃる方も多いんではないでしょうか?
しかし実は、それだけではきちんとした防水工事が出来ないのです。
適切な施工をしないと、もしかしたら、別の箇所から雨漏りしてしまうかもしれません…(-_-;)
そうならないようにするには、しっかりとした専門知識のある業者に依頼する事が重要です。
まず、防水工事とは住宅の屋根や隙間からの雨水の侵入を防ぐ事で腐食を予防し
住宅と住民を守る為に行う作業の事を言います(^o^)
良く施行される場所としてはベランダや屋根、外壁等があります。
目的は、住宅の長寿命化です。
他にも、場所に応じて様々な種類の方法があるというのも特徴の一つです。
隙間にシーリングと呼ばれるゴム状の物を詰めていく方法や防水シートを
敷いていく方法があります。
明石市の塩ビシート防水の改修用ドレンの設置
明石市の防水下地の左官処理
では続いて、雨漏りの応急処置について書いていきます(^o^)
雨漏りは、放置しておくと人体に悪影響を及ぼすようになってしまいます…。
応急処置としてよく、雨漏りしている箇所の真下にバケツ等を置いたりする方がいらっしゃいますが、その際にバケツの下にレジャーシートなどを敷いてバケツの底に雑巾や新聞紙を敷いておくと
水が飛び散るのを最低限にまで抑える事ができ被害が広がるのを防止できますよ!
その様に被害を最小限に抑えたうえで、こちらもやはり専門業者に見てもらいましょう!

本日はここまで。いかがでしたか?
雨漏りを発見された場合には、ぜひ試してみて下さい。
今回も最後まで見ていただきありがとうございました。
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505