オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

カバー工法のメリットとデメリット


ガルテクトの屋根カバー工法
スレート倉庫 カバー工法
カバー工法
エコグラーニのカバー工法
いつもご覧いただきありがとうございます(*^-^*)
今回は屋根のカバー工法についてお話していきますよ(^^)/
まず、カバー工法のメリットから見ていきましょう(^o^)
葺き替え工事と比べて工事費用が低く、工期も短くて済むというのが
カバー工法の大きいメリットとしてよく上げられます。
なぜその様なメリットを得られるかというと、既存の屋根を撤去してから新しい屋根を取り付ける葺き替えとは違い、既存の屋根を新しい屋根でカバーする様に取り付けるので、
既存の屋根を解体、撤去処分する手間も費用もかからないからです。
他にも屋根が二重になることによって遮音性、断熱性の向上に繋がりますよ(^^)/
だったらどのお宅もカバー工法で屋根リフォームできれば良いのですが、
それができない理由があるのです。
デメリットとしても挙げられる、屋根の状態によっては対応できない場合があるという事です。
例えば、既に雨漏りが進行していて下地が傷んでいる場合、その上からカバー工法することは
不可能です。
既存の屋根材の種類によってカバー工法に不向きな場合もあります。

さらにもう1つ、デメリットとしてよく挙げられるのが確実に重量が増すという点です。
これは、屋根が二重になる分、そこは避けては通れません。
屋根が重くなるということは、耐震性能は下がってしまいます((+_+))

ですが、近年技術が発達してきている事もあり軽量な屋根材も数多く出て来ています(^o^)
屋根リフォームをご検討中なら、まずはカバー工法ができるのかどうか、
耐震性能上どう影響しそうか、専門業者とよく話し合いましょうね('ω')ノ


今回はここまで。いかがでしたか?
屋根リフォームをお考えの際にはぜひ参考にしてみて下さい。
今回も最後まで見ていただきありがとうございました。
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505