オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

サイディングの外壁塗装とメンテナンスについて


サイディングコーキング
窯業系サイディング_R
サイディングには、大きく分けると窯業系・金属系・木質系・樹脂系の4つに分けられます。
今回は、現在主流となっている窯業系と金属系について触れていきます。
窯業系のメンテナンス期間は約7~10年となっており、サイディング自体は長持ちするのですが
サイディングの繋ぎ目に使用するシーリング材の劣化には注意しましょう。
金属系ですが、メンテナンス期間が約10~15年と窯業系より少し長めとなっていますが、
材質上サビが発生した場合注意が必要です。
窯業系サイディング (2)_R
金属サイディング_R
続いて、メンテナンスについて触れていきます。
シーリングは、サイディングの継ぎ目や窓枠との間に詰めてあるゴム状の物のことを言います。
時間経過とともに、ひび割れを起こし弾力が失われ始めるといったような劣化が目立ちます。
そうなってくると、防水や振動の吸収が正常に発揮しなくなるので打ち替える必要があります。
目安としては、ゴムが捲れてきたりひび割れてきたら劣化が始まっています。
場所によっては、紫外線がよく当たる等といった箇所もありそういった場所は
劣化が早く進んでしまうので、そこを重点的に確認してみると良いです。
他にも、サイディングボードがひび割れてきて欠けてしまったり
傷んで色褪せているのを見かけた場合は、塗り替えや貼り換えといった方法も
あるので専門業者に相談してみると良いでしょう。

本日はここまで。いかがでしたか?
参考にしていただけると幸いです。

今回も最後まで見ていただきありがとうございました。
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505