オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

スレート屋根の特徴とメリット・デメリット


皆さん、今回も見ていただきありがとうございます(^o^)
今回は、スレート屋根の特徴とメリット・デメリットを見ていきます。
では早速見ていきましょう(^o^)
まずスレート屋根は、その名の通りスレートと呼ばれる屋根材を使用します。
別名、カラーベストやコロニアル等とも呼ばれており
天然の岩を板状にする天然スレート、
セメントと繊維を混ぜて板状にする化粧スレートの2種類があります。
天然スレートは非常に高価な為、殆ど普及していません。
続いて、メリットを見ていきましょう(^o^)
軽量で施工しやすい、色やデザインが豊富、といったメリットに加えて、
最近では耐候性・耐久性を高めて機能的になった製品もたくさん出ています。
さらにデザインがシンプルな為、住宅を選ばず
人気の屋根材となっています(^o^)
夢前町スレート屋根 棟のゆがみ
実際のスレート屋根①
相生市高圧洗浄後のスレート屋根
実際のスレート屋根②
続いてデメリットを見ていくと、他の屋根材に比べて薄く軽量な為
劣化しやすく寿命も短いという点がよく挙げられています。
スレート屋根の寿命は大体10~20年といわれており、
塗装の塗り替えが重要となっています。
塗り替えを怠ると、雨水を吸収して割れてしまったり
雨漏りしてしまうリスクが高くなってしまうからです。
その為、定期的にメンテナンスをする必要があり、その都度費用は掛かります。

ご自宅の屋根が15年以上前のスレートだという方は、カバー工法が選択肢として選べる間に
点検及びメンテナンスをお勧めします!
そして、注意しなければいけないのは、15年ほど前まではアスベストを含んだ
スレートが一般住宅でも使用されていました。
それ以前のスレートを使った屋根の場合は、解体撤去の費用が
高くつきますので、今の屋根の上からのカバー工法が費用面ではお勧めですが、
もしも雨漏りなどで下地が傷んでしまっている際には、それができないので
葺き替え費用がどうしても高くなってしまいます(+o+)
築15年以上経ったスレート屋根のお宅ならば、カバー工法が選択肢として
選べるウチに、点検及びメンテナンスをお勧めいたします!
屋根塗装
実際のスレート屋根③
DSC_0595_R-columns2
実際のスレート屋根④
今回はここまで!
いかがでしたか?
無料点検のリンクも貼っているので是非こちらもご覧ください!
最後まで見ていただきありがとうございました。
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505