オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

屋根材の種類と特徴や欠点等について


姫路市のR型の金属屋根の足場検討
金属屋根
屋根塗装
スレート屋根
皆さん、いつも見ていただきありがとうございます(^o^)
今回は、屋根材の特徴を皆さんに分かり易くご紹介していきます!
屋根材は大きく分けて、金属系・スレート系・セメント系・瓦の4つに分けられます。
まず金属系は、ガルバリウム鋼板等、屋根材の中でも軽量でかつ
耐久性・防水性に優れている物が多いのが特徴の1つです(^o^)
しかし、その分防音や断熱性が他より劣っているデメリットがあります(-_-;)
その様なデメリットは、下地や断熱工事でカバーできるので、施工業者とよく話し合いましょう!
次にスレート屋根は、今も根強く使用されている屋根材です(^o^)
金属系同様、軽量かつ安価で色の種類が多いという特徴があります。
デメリットとしてはメンテナンスが10年前後と、他の屋根材よりは短いことが挙げられます。
放っておくと劣化が酷くなりやすく、その分メンテナンスコストが増えてしまいます…。
セメント 屋根
セメント屋根
DSC_1145_R-columns2
瓦屋根
次にセメント系と瓦ですが、こちらは寿命が長く
防音や断熱性に優れているという共通したメリットをもっています(^o^)
さらに瓦自体にはメンテナンスが殆ど必要ないという嬉しいメリットも!
瓦自体は突発的な事象で割れたりしない限り基本的にメンテナンス不要ですが、
瓦葺きの際に使われる漆喰などは劣化しますので、そちらにはメンテナンスが必要ですよ!
しかし、2つともかなり重い為地震の揺れに弱く非常に脆いデメリットがあります…(-_-;)

今回はここまで。いかがでしたか?
ぜひ、今後の参考にしてみて下さい(^o^)
最後まで見ていただきありがとうございました。
信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505