オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください

工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

屋根リフォームを考える。我が家は葺き替え?それともカバー工法?

屋根葺き替え工事 ビフォー
屋根葺き替え
葺き替えは、全ての屋根で施工可能です。
ですが、現在の屋根材より重量のある屋根材への葺き替え(スレートから瓦など)はおススメできません。
屋根葺き替え工事 アフター
これまでの屋根材を撤去し、新しい屋根材に葺き替えます。
屋根材を撤去するので、その下の防水シートや屋根下地となる野地板といった手入れをしにくいところも補修または新しくすることができます。
葺き替え可能な屋根材は、
・瓦屋根⇒瓦、スレート、金属
・スレート屋根⇒スレート、金属
・金属屋根⇒金属
となります。現在の屋根材よりも軽いものへ葺き替えると、耐震性もアップするのでおススメです。最近では、築年数の経った屋根だけでなく耐震性を考えて軽い屋根材へと葺き替える方も増えています。
既存の屋根を解体し撤去するので、カバー工法に比べ工事日数が掛かるのと費用もかかります。

屋根カバー工法 スーパーガルテクト施工前
カバー工法
カバー工法はすべての屋根に施工できるわけではありません。
下地が傷んでいる場合は施工できませんのでご注意!
屋根カバー工法 スーパーガルテクト 施工後
これまでの屋根材の上から、新しい屋根材で覆うのがカバー工法です。屋根を重ねて葺くので「重ね葺き」とも言われています。
現在の屋根材と新しい屋根材の二重になるので、断熱性や遮音性があがるメリットがあります。ですが、二重になる分重量が増えますので耐震性の面で瓦屋根にはおススメできません。
カバー工法で使用される屋根材は、重量の問題から金属(ガルバリウム鋼板)を施工することが一般的です。
葺き替えと比べ、既存の屋根材の解体・撤去が無い分工事日数も短く費用も抑えることができます。



大切なお住まいのことですから、それぞれの特徴やメリット・デメリットを知ったうえで選びたいですよね!
屋根葺き替え工事の施工例はこちら!
屋根カバー工法の施工例はこちら!
調査をさせていただいたうえで、最適なご提案をさせていただく事も可能ですのでぜひ無料点検へご依頼くださいね!

この工事と同じ工事を行った現場ブログ

  • 街の屋根やさん10のお約束
  • 不安ゼロ宣言
  • リフォーム瑕疵担保保険JIO
  • 充実の長期保証
  • マイスター制度
ここまでやります無料点検
お住まいの地域の屋根工事会社が見つかる街の屋根やさんポータルサイトはこちら
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら姫路店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!
03-3779-1505