オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

雨漏り注意!漆喰の劣化を気付かずに放置したままにしてませんか?


皆さん、今回も見ていただきありがとうございます(^o^)
さて、瓦屋根には漆喰と呼ばれる仕上げ材が使用されますが、どんな役割があるのかご存知ですか?
主な役割として、瓦の固定・防水・美観があり、漆喰を葺き土の上や瓦同士の隙間に詰める事で、瓦のずれや雨水の侵入を防ぐ目的があります。
美観も漆喰自体の色が白く綺麗に見える為、外壁にもよく使用されています。
その為、瓦屋根にとって重要なのですが、漆喰は紫外線等の影響で劣化していき、雨漏りの原因になります。
漆喰の劣化を知って雨漏り対策にはどんなものがあるのか見ていきましょう!
漆喰
漆喰は前述したとおり、隙間に詰めて瓦を固定しつつ、紫外線や雨風から躯体部を守っています。
その一方で、漆喰には耐用年数があり、紫外線等によって経年劣化してしまう為、注意が必要です。
ひびの入った漆喰
まず、軽い症状でいうと変色や部分的な破損があります。
ここから徐々に劣化が進行していき、隙間が出来始めます。
その為、できればこの段階で対策をすると、ここから雨漏りせずに済みます。
具体的には、劣化している漆喰を綺麗に撤去して新しく詰め直すという方法で、被害を最小限に抑えられます。
脱落 棟板金 漆喰
劣化が進行すると、上の画像のように漆喰が剝がれ始めます。
こうなると、雨水が葺き土に当たり、徐々に葺き土が流れ出て棟瓦等がずれてきます。
もし、漆喰が剝がれているだけなら詰め直しでも良いですが、少しでも瓦がずれていると、雨水が侵入しやすくなる為、瓦自体を設置し直す必要があります。
雨水が侵入して流れてしまった葺き土
瓦自体は綺麗でも、漆喰の傷みが酷いと瓦を外したら写真のように葺き土が流れてしまっている事もあります。
この場合、対策としては一から棟瓦を設置するしかありません。
その際に、葺き土から防水性・耐久性の高いなんばん漆喰に変えると、より雨漏りのリスクを減らす事が出来ます。
漆喰には、役割がきちんとあって瓦屋根には欠かせないという事と、劣化して雨漏りの原因になるという事を分かって頂けたと思います。
ぜひ、一度無料点検をしてみてはいかがでしょうか?
気になる方は傷んだ漆喰の詰め直し、棟瓦の取り直しで瓦屋根を健全に保つを参考にしてみて下さい(^o^)

今回はここまで!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

4346300e67053e2c88616b452229509d-2

皆さん、今回もご覧いただきありがとうございます(*'▽')さて、私達が暮らしている住宅の屋根には、シンプルな形状から複雑な形状まで数多くの種類があります。1つ1つ、強みや欠点が異なりますが、雨漏りの原因になる場合があるという共通点があります...........

屋根

いつもご覧いただき、ありがとうございます(^O^)/屋根には寄棟・切妻・片流れなどといった様々な形状がありますが、その屋根の形に合わせて板金といわれる金属部材が各所に取り付けられています。大棟・隅棟といった棟部分へ取り付ける棟板金、破風へ取...........

金属屋根のひとつのトタン屋根

皆さん、今回も見ていただきありがとうございます(^o^)さて、屋根に使用されている金属には様々な種類があり、現在は耐久性の高い物が増えてきています。しかし、中にはトタンのように劣化しやすい金属もあるので、経年劣化に注意しなければなりません。...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505