オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

ベランダの手すり部分・陸屋根にある笠木の劣化に注意しましょう!


皆さん、今回もご覧いただきありがとうございます!
さて、皆さんは笠木という箇所をご存知ですか?
笠木とは、ベランダの手すりや陸屋根に多い外壁の立ち上がり部分といった頂部の仕上げ材を指しているのですが、この笠木の劣化を放置していると、雨漏りの原因になる可能性があります(-_-;)

そこで今回は、笠木の劣化症状とメンテナンス方法についてお話しします。
ベランダの笠木板金
まず、笠木の1番の役割は、雨水が躯体部に侵入するのを防ぐことです。
現在は、耐久性があって防水性も高い金属製の笠木が採用されることが多いです。
劣化してしまった笠木板金
では、続いて笠木に起きる劣化の症状を見ていきましょう。
症状としては、塗装の剝がれ・固定用の釘や板金の錆・シーリング材の劣化・木材の腐食などがあります。
これらを放置し続けることで、徐々に雨水が劣化箇所から侵入し、下地や躯体部の木材が腐食するのです。
さらに、白蟻が巣を造る原因にもなる為、要注意です。
陸屋根 劣化した笠木
対策は、劣化の状態に応じて様々な方法が使い分けられています。
劣化が軽ければ、塗装の塗り替えや釘またはビスの打ち直しをして再発しないようにします。
釘を打ち直す時に再発防止の為に抜けにくいビスに変更するといった方法もあります。
新しく交換中の笠木
他にも、板金同士のジョイント部分・釘やビスの頭に施工してあるシーリング材が劣化していたら、シーリング材を再充填することで、雨水の侵入を予防します。
板金や下地の劣化の状態が酷ければ、板金のみの交換もしくは下地も含めた全交換といった方法で、見栄えをきれいにして防水性を取り戻します。
板金のみの交換は、下地の劣化の状態で施工出来るかどうかが決まります。
以上が、笠木の劣化症状とメンテナンス方法となります。
いかがでしたか?
目には入るけど今まで気になりにくい箇所なので、今の内に点検またはメンテナンスを済ませておきましょう!
ぜひ街の屋根やさん姫路店にお問い合わせください(^o^)

お問い合わせはこちらから可能です→ここまでやります無料点検

同じ工事を行った施工事例

施工事例

姫路市で経年劣化で傷みが進んだ既存波板撤去とポリカの波板施工!

姫路市の傷んだポリカ波板
姫路市のポリカ波板の交換後の写真
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート
築年数
30年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約5万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ルーフバルコニー

いつもご覧いただき、ありがとうございます(^O^)/近年、住宅デザインでもよく取り入れられるようになってきたルーフバルコニー。本来、屋根となる部分をバルコニーとして使用する造りです。スカイバルコニーとも言われていますね!眺望を楽しんだり、お...........

住宅街の街路樹

いつもご覧いただきありがとうございます(*^_^*)今回は植物と建物の関係のお話をさせて頂きます。皆様のお宅の近くにもきっとある樹木のお話です、ご自宅周辺の環境と照らし合わせてご覧ください!

後付け庇

いつもご覧いただき、ありがとうございます(^O^)/玄関や勝手口、窓などに取り付けられている庇。庇は、室内に直射日光が入り込むのを和らげてくれたり雨が入り込むのを防ぐ役割を持っています。ひとことで庇と言っても木製・ポリカーボネート製・アルミ...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505