オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

加西市の雨漏りでお電話いただいたお宅の調査に行ってきました。


本日は、加西市から雨漏りで困っているとお電話いただいたお宅に、現地調査に行ってきました。
今回のお宅では、増築部分がされていたり、屋根も以前に改修をされていました。
現在の屋根は、モニエル瓦と銅板の違う素材の屋根材を組み合わせた複合屋根です。

それでは、実際に調査スタートです。

加西市の室内雨漏り調査
加西市雨漏り室内天井写真
最初に、室内の雨漏り状況から確認していきます。
天井には、雨漏りの被害による染みが出来ています。
この部屋の上は、下屋部分となっていますので、この段階で下屋部分からの雨漏りの可能性を疑います!
今度は、外から屋根の状態を確認していきましょう。
加西市の雨漏りしたモニエル瓦と銅板一文字葺きの複合屋根
加西市の下地の傷んだ銅板屋根
それでは、屋根に上って調査を続けていきます。
屋根の基本部分はモニエル瓦といわれる乾式コンクリート瓦で葺いてあります。
モニエル瓦は、現在は製造・販売されていない屋根材で、メンテナンス方法に少し特徴があります。
モニエル瓦だと気づかずにセメント瓦の施工方法でメンテナンスすると、塗膜が早い段階ではがれてきてしまいます。

モニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

部分的に銅板を葺いてある部分が、特に問題がありそうです。
一文字葺きの部分は、元の瓦棒の屋根を残したままで、その上に下地を組んで銅板を葺いています。
歩いてみると、下地が腐ってしまっていて体重の重い人だと屋根を踏み抜いてしまいそうな状況になっていました。
下地の木材が腐るほどですから、継続的に雨水が入り込んでいたのだと思われます。

瓦棒のメンテナンスはこちら ⇒ 古くなったトタン屋根に最適なメンテナンス



加西市の複合屋根の取り合い部分

加西市の雨漏り調査のアスファルトシングル


モニエル瓦と銅板の取り合い部分は、実際にモニエル瓦を取り外して内部の状態を確認していきます。
強風時にはふきぶった雨が侵入していた為に、くっきりと雨水が入った跡が残っていました。
銅板はジョイント部分がつぶれてしまって、毛細管現象で雨水を内部に吸い込んでいると考えられます。

次に壁との取り合い部分も同様に、状態を確認していきます。
この部分も強風時には、雨が室内に流れ込んでしまう構造になっています。
直接室内への雨水の侵入を防ぐために板金の幅を広くして、より壁から遠い谷部分で雨水が流れていくように対策をします。
モニエル瓦の下には、新築時のアスファルトシングルが見えてきました。

今回の現地調査では、色々と対策した方が良い点が見つかりました。
一番傷みのひどい銅板屋根は下地が完全に腐食していることから、銅板の屋根撤去後に新しくガルバリウムの立平葺きでの葺き替え工事での対策。
モニエル瓦との取り合い部分の板金は、現状より雨水が入りにくい形状のものに交換での対策。
壁との取り合い部分の板金は、今よりも幅を広くして雨水が入りにくいものに交換での対策。

お話の中で、お客様の1番のご要望が、雨漏りのリスクを低くしたいという事でしたので、雨漏りに強いガルバリウム立平葺きでのご提案が最適だと判断しました。
今回は、銅板屋根の葺き替えと取り合い部分の浸水対策の工事を、ご提案させていただきます。

無料点検はこちら ⇒ ここまでやります無料点検

立平葺きの説明は ⇒ 雨漏りにも強い立平葺き




後日、ご提案の通りガルバリウム立平葺きでの葺き替えで、正式にご依頼いただきました。
下の写真のように、既存の銅板屋根の撤去から葺き替え工事に取り掛かりました。



加西市の既存の銅板の撤去作業
葺き替え工事の準備として、取合い部分のモニエル瓦を一時的に撤去します。

加西市の雨漏り原因の既存銅板の撤去作業中の写真
雨漏りの原因となった、既存の銅板屋根を撤去していきます。
続きの工事の詳しい様子は、下の現場ブログでご確認ください。

工事の様子はこちら ⇒ 加西市の銅板一文字葺きの屋根の葺き替え工事が始まりました

同じ工事を行った施工事例

施工事例

夢前町の穴が開いて雨漏りしてしまった瓦屋根の谷板金工事

夢前町の雨漏り調査の谷板金部分
夢前町の銅めっきのステンレス谷板金
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅メッキのステンレス谷板金
築年数
建坪
保証
工事費用
¥100,000-
施工事例

加古川市で雨漏り被害のスレート屋根部分葺き替えと瓦棒葺き替え

加古川市で雨漏りしたスレート屋根と瓦棒
加古川市で雨漏りの為にスレート屋根の部分府j着替え
工事内容
屋根葺き替え
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム・コロニアルクアッド
築年数
30年
建坪
約28坪
保証
工事費用
約40万
施工事例

相生市のIさま邸の軒天の重ね貼りとガルバリウム鋼板庇カバー工法

相生市の雨漏り修理
相生市の雨漏り修理
工事内容
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
40年前後
建坪
保証
工事費用
¥300,000-

同じ地域の施工事例

施工事例

加西市で銅一文字葺きからガルバリウム立平葺きでの屋根葺き替え

加西市の雨漏りしたモニエル瓦と銅板の複合屋根
加西市のガルバリウム立平葺きで葺き替え完工写真
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム
築年数
40年
建坪
60坪
保証
施工保証7年
工事費用
約30万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

姫路市の外壁塗装工事の鉄部ローラー塗装

下塗りとして、サビ止めを塗布して乾燥させた鉄部に上塗り塗装をしていきます。大屋根のカバー工法で使用するスーパーガルテクトにあわせて屋根の塗料はグレーを選ばれました。

三木市の外壁塗装の高圧洗浄作業の職人さん

前回は、三木市での虫と格闘しながらの外壁塗装の足場施工の様子をお伝えしました。今回は、高圧洗浄、シーリング工事、鉄部の塗装の様子をご紹介します。

たつの市での雨樋の交換後の写真

たつの市で進めてきました、スーパーガルテクトへの葺き替え工事もいよいよ完工です。今回は、すっかりきれいに生まれ変わったお家の様子をご紹介していきます。

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505