オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

2次被害の予防!棟板金の劣化に注意して、雨漏りを防ぎましょう!


皆さん、今回も見ていただきありがとうございます(*'▽')
さて、早速ですが皆さんは棟板金という箇所を知っていますか?
棟板金とは、屋根の頂点部分に被せてある金属製の板金の事で、雨水を内部に侵入させない為に付けられています。
しかし、板金も雨水や紫外線の影響で劣化する為、注意が必要となります。
そこで今回は、棟板金で起きる劣化の症状と対策についてまとめてみました。
経年劣化によって釘が抜けた棟板金
まず、劣化の症状について見ていきましょう。
症状としては、塗膜の劣化や錆・釘の浮き・歪みが挙げられます。
雨水の影響で徐々に表面の塗膜が劣化すると、耐久性・耐水性が低下し、露出した金属部分が錆びていきます。
さらに、経年劣化で釘が浮いてくると、少しずつ板金も捲れていったり歪んでいくので、それにも注意しましょう。
板金が飛散して露出した下地
釘が抜けると、場合によっては棟板金も剝がれて下地が露出します。
その場合、雨水が内部に侵入し雨漏りになる可能性があります。
そうなると、棟板金の交換だけで済む筈の工事が、大規模な補修になる為、少しでも異変を感じたら早急にメンテナンスの依頼をしてください。
棟板金 塗装中
では、続いて対策を見ていきたいと思います。
劣化が軽いと判断した場合、釘を打ち直して飛散の予防をしたり、塗装で耐久性を上げて劣化を抑えていきます。
交換途中の棟板金
もし劣化が酷いと判断されたら、交換になる事もあります。
その時に、下地の木材もプラスチック製に交換すれば、劣化の被害を最小限に抑える事が出来ます。
他にも、換気棟に交換すると湿気や水蒸気を効率よく排出できるようになる為、暑さや結露等の対策にもなりますよ(*'▽')
このように、棟板金は見えにくい場所にある為、劣化を見つけるというのは困難です。
もし、劣化を放置していると雨漏り以外にも、強風による2次被害が起きるかもしれません。
だからこそ定期的に点検をして、適切な対策を取る必要があるのです。
住宅の為にも、点検を検討してみて下さい!
無料点検についてはこちらから→ここまでやります無料点検

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

4346300e67053e2c88616b452229509d-2

皆さん、今回もご覧いただきありがとうございます(*'▽')さて、私達が暮らしている住宅の屋根には、シンプルな形状から複雑な形状まで数多くの種類があります。1つ1つ、強みや欠点が異なりますが、雨漏りの原因になる場合があるという共通点があります...........

屋根

いつもご覧いただき、ありがとうございます(^O^)/屋根には寄棟・切妻・片流れなどといった様々な形状がありますが、その屋根の形に合わせて板金といわれる金属部材が各所に取り付けられています。大棟・隅棟といった棟部分へ取り付ける棟板金、破風へ取...........

金属屋根のひとつのトタン屋根

皆さん、今回も見ていただきありがとうございます(^o^)さて、屋根に使用されている金属には様々な種類があり、現在は耐久性の高い物が増えてきています。しかし、中にはトタンのように劣化しやすい金属もあるので、経年劣化に注意しなければなりません。...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505