オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

外廻り、カーポートや庇・雨どいやその金物破損していませんか?


いつもご覧いただきありがとうございます(*^-^*)
今回は、梅雨入り・台風前にチェックしておきたい細かい部分のお話をします。

梅雨はその期間中、弱~中の雨がランダムに降ります。
台風は1~2日の間に強風を伴う強雨が降ります。

住宅が受けるダメージの種類は違いますが、現在の劣化や破損を見過ごしていてはいけないという事に違いはありませんよ!
劣化が進み強度も落ちた波板
アルミ製品の屋根部分、貼られているのは樹脂製の素材です。
古くなると素材が劣化し、非常に脆くなっていきます。当たり前ですがそのまま放っておくと、少しの衝撃で破損してしまいます。写真の様に住宅の外壁に直接取り付けてある場合は、その接合部の防水もチェックポイントですよ!シーリング材がカピカピになっていれば、防水の機能を果たせていませんよ!
強風でめくれたカーポート
こちらは素材自体の劣化ではなく、アルミ製の骨組みに樹脂製の屋根材を留め詰めてある留め具の方に問題があった例です。留め具のパッキンが劣化すると、樹脂パネルを押さえておく力が弱くなり、パネルと骨組みの間に遊びが生まれます。そうなってしまうと極端に風に弱くなってしまい、写真の様にめくれてしまいます。ご自宅のカーポートや庇、メーカーを確認すればホームセンターなどでも合う留め具をゲットできるかもしれないので、確認してみてはいかがですか?劣化する前の交換が大切です。
釘が抜けた板金
板金部分に釘の浮きなどがある場合は早急に対処しましょう。写真は元々浮いていたところを強風に遭い抜けてしまっていますが、少しの浮きが命取りになります。板金の部材が大きいものだと、それが飛散してしまった時の被害は計り知れません。文字通り命取りになる危険もありますので、よく確認したいところです。
樹脂製雨どいコーナー部の破損
樋が劣化、破損している場合も梅雨や台風がやってくる前にメンテナンスしていただきたいですね。破損した樋に一度に多量の雨が流れると、雨水は正しいルートを通らずに流れ落ちます。また、雨どいを固定してある金物が劣化している場合は固定力が弱くなり、多量の水のパワーに負けてしまいます。そうなると、金物の変形、樋の歪みなどが起き、水勾配が取れなくなってしまう可能性もあります。
今ご紹介したチェック箇所は、ご自身で確認できる場所もあれば、危険な場所もあります。
点検で怪我をしてしまっては本末転倒ですので、やはり私どもにお任せいただきたい!
無料点検のご用命はコチラ→ここまでやります無料点検!

今回はここまで!

同じ工事を行った施工事例

施工事例

姫路市で経年劣化で傷みが進んだ既存波板撤去とポリカの波板施工!

姫路市の傷んだポリカ波板
姫路市のポリカ波板の交換後の写真
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート
築年数
30年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約5万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ルーフバルコニー

いつもご覧いただき、ありがとうございます(^O^)/近年、住宅デザインでもよく取り入れられるようになってきたルーフバルコニー。本来、屋根となる部分をバルコニーとして使用する造りです。スカイバルコニーとも言われていますね!眺望を楽しんだり、お...........

ベランダの笠木板金

皆さん、今回もご覧いただきありがとうございます!さて、皆さんは笠木という箇所をご存知ですか?笠木とは、ベランダの手すりや陸屋根に多い外壁の立ち上がり部分といった頂部の仕上げ材を指しているのですが、この笠木の劣化を放置していると、雨漏りの原因...........

住宅街の街路樹

いつもご覧いただきありがとうございます(*^_^*)今回は植物と建物の関係のお話をさせて頂きます。皆様のお宅の近くにもきっとある樹木のお話です、ご自宅周辺の環境と照らし合わせてご覧ください!

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505