オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事の受付・お問合せ一時休止のお知らせ

意外と知られていない??瓦屋根の漆喰の特徴や補修の方法とは。


皆さん、今回も見ていただきありがとうございます(^o^)
突然ですが、皆さんは漆喰についてどのくらい御存知でしょうか?
ある程度知っている方もいれば、中には名前程度しか知らないという方も多くいらっしゃると思います。
そこで今回は、そんな漆喰について書きます!
まず漆喰がなんなのかというと、姫路城や住宅の壁によく使われている白い塗材の事を指します。
漆喰という素材の特徴として、防音性・防カビ性・耐火性等が挙げられ昔から塗り材として重宝されてきました。
姫路市の屋根の漆喰の現地調査
高砂市の漆喰の劣化で雨水の侵入経路に!
瓦屋根で使われる事も多いのですが、この場合は主に接着剤としての役割があり、葺き土や瓦を固定するのが目的です。
更に、ほぼメンテナンスフリーともいわれる瓦と違い漆喰は劣化していく為、ひび割れ、ぼろぼろ剝がれるといった症状が現れ始めます。
それらを放っておいてしまうと、雨漏りの原因に繋がりかねません。
では、確認方法はあるのか。
屋根を下から見上げた時に見える範囲に関しては、目視でも確認できますし、それが不可能な場合には
塗ってからの年数を目安にして専門業者に依頼してください。
高砂市の漆喰の劣化の写真
姫路市の棟の漆喰調査
次にどんな補修方法があるのか見ていきます(^o^)
主によく施工されているのが、棟の取り直しと漆喰の詰め直しの2種類です。
棟の取り直しとは、漆喰が劣化してずれたり崩れ落ちている棟瓦と熨斗(のし)瓦を一度全て解体し、再び漆喰を塗って固定する作業の事で、漆喰の詰め直しは多少のひび割れがあった時に施工される場合が多く、塗ってある漆喰を一度全て取り除いた後に新しく漆喰を詰めていくという作業になります。
どちらも、瓦の落下や雨漏りを防ぐ為に行われますが、自分でするのは危険なのでやめましょう。
このように屋根で使う場合はあくまでも接着剤という脇役として扱われます。
その為、あまり気にされない方が殆どだと思いますが今後の為にも点検を検討してみてはいかがでしょうか?
今回はここまで!
無料点検のリンクも貼っているのでこの機会にぜひお問い合わせください!
最後まで見ていただきありがとうございました(^o^)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

漆喰

皆さん、今回も見ていただきありがとうございます(^o^)さて、瓦屋根には漆喰と呼ばれる仕上げ材が使用されますが、どんな役割があるのかご存知ですか?主な役割として、瓦の固定・防水・美観があり、漆喰を葺き土の上や瓦同士の隙間に詰める事で、瓦のず...........

強風被害を受けた瓦屋根

いつもご覧いただき、ありがとうございます(^O^)/春といえば、ポカポカと暖かくて穏やかな気候だと思われていますが実は強風や突風が起こりやすい季節なのです。住宅に被害が出る前に、前もってしっかりと点検・対策を行い備えをしておくことが大切です...........

強風 雨

皆さん、今回も見ていただきありがとうございます!早速ですが、突発的に吹く強風は屋根材等の破損や劣化の原因になってしまいます。さらにもう1つ、雨だけでなく強風が伴う時には、雨水が意外な場所から侵入する場合がある為、思いがけない場所からの雨漏り...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505